化人幻戯Topへ 「よみがえる江戸」へ 「一度は泊まりたい日本の宿」へ 「日本の銘菓総覧」へ 「蔵の中」へ
 



将軍の骨 徳川将軍・大名家の人びとより


徳川将軍家の菩提寺、東京芝増上寺にて、昭和33年7月から35年1月にかけて戦災で荒廃した将軍家の墓の改葬が行われた。その際、遺体調査を担当した著者による
「骨は語る-徳川将軍・大名家の人びと/ 鈴木 尚/ 東京大学出版会」
から引用させていただいたものです。
増上寺には、2代秀忠、6代家宣、7代家継、9代家重、12代家慶、14代家茂の6人の将軍と3代家光の子で4代と5代将軍の兄弟である綱重、各代の正室、側室など多くの将軍家に連なる人々が埋葬されています。
その中で、2代秀忠、7代家継は保存状態が悪く、2代秀忠は、棺の上の石等の重みで薄く圧縮されており、頭蓋の正常な形を留めていない、7代家継は、棺内に水が入った為、ほとんど骨格すら残っていない状態でした。そのためここでは、6代家宣、9代家重、12代家慶、14代家茂の骨、及び復元図を紹介します。また、有名な皇女和宮、別の調査での伊達政宗の骨も併せて紹介します。
"復元図に関しては、本の学術的なものをベースに私なりに復元像を描いてみました。"

本格的に知りたい方はぜひ本を購入してみてください。詳細な調査内容が書かれています。



●6代将軍・徳川家宣 /1662-1712

6代家宣
将軍就任が、48歳で歴代最高齢。就任早々前将軍-綱吉の「生類憐れみの令」を廃止し、新井白石、間部詮房らのブレーンらによる仁政をめざす「正徳の治」を行う。性格的には剛勇・聡明ではあったが短慮であったらしい。在位期間が短く政治での実行力は発揮できなかった。
徳川家宣頭蓋正面 徳川家宣復元図/頭蓋横
わずかばかり軟部のある不完全なミイラ状であった。四肢骨からの推算で身長160cm。 かなりの猫背であったらしい。 顔面には長い不精ひげが生えていた。おそらく発病いらい病の床にありひげがのび放題だった と想像される。



●9代将軍・徳川家重 /1711-1761

9代家重
幼い頃から病弱で言語障害があり、治世力が危ぶまれたため、幕閣からは弟達(田安宗武、一橋宗尹)を望む声もあった。しかし父吉宗の「長幼の序」という大儀から長男である家重が就任。言葉がまともにしゃべれなかったた家重の意思を聞き分けられるものは側用人の大岡忠光のみで、将軍としては政治への関心も薄く治世力はほとんどなく、老中等にまかせきりだった。
徳川家重頭蓋正面徳川家重復元図/頭蓋横
遺体はほとんど白骨化していたが、保存状態は良かった。四肢骨からの推算で身長156.3cm。よく保存された頭髪は正しく髷が結われていたが、頭頂部に全く生毛の痕跡がないことから禿ていたと思われる。



●12代将軍・徳川家慶 /1793-1853

12代家慶
将軍在位最長の家斉の子であったため将軍就任は45歳だった。就任後も父家斉による「大御所」政治が家斉が没するまで続いた。執政は老中水野忠邦にまかせきりだった。性格は穏和であったが、決断力に欠ける面があり権威低下の一因にもなった。
徳川家慶頭蓋正面徳川家慶復元図/頭蓋横
遺体から特徴のある体型と容貌をもっていたことがわかる。四肢骨からの推算で身長154.4cm。身長は当時の庶民の平均身長(157.1cm)より低いが、頭は異常に大きく辛うじて6頭身に達したかどうか疑われるほど。また口は受け口でとがった長い顎をもっていた。
*ヒストリーチャンネル「天下の肖像」に家慶復元図の資料を提供。



●14代将軍・徳川家茂 /1846-1866

14代家茂
ペリー来航により情勢が緊迫したなか、権威復活の切り札として家斉の血筋を引く紀伊家から将軍に就任。聡明で政治にも関心が強かったが、「安政の大獄」により幕府の権威は失墜したため公武合体による権威復活をめざし、孝明天皇の妹和宮と結婚したが、長州再征のため大阪城の滞在中に20歳の若さで急逝した。
徳川家茂頭蓋正面徳川家茂復元図/頭蓋横
遺体の軟部はすべて失われていたが、頭髪は完全に保存されていた。 四肢骨からの推算で身長156.6cm。特徴としては当時の庶民にはほとんど例をみないかなり細長い顔をしていた。また鼻は現代でも例をみないほど高く歯はかなりの反っ歯だった。



●14代将軍正室静寛院・皇女和宮 /1846-1877

和宮


(近年発見された和宮と思われる写真)
幕府との公武合体政策により、有栖川宮熾仁親王との婚約を解消し将軍徳川家茂のもとに嫁いだ。夷人の住む江戸での武家の生活に不安を持ち不本意での結婚であったが、年も近く思いやりのある家茂は和宮をいたわり二人はすぐに打ち解けその後4年間仲むつまじかった。
悲しいエピソードとして長州再征による家茂死去後、遺骸と一緒に西陣織が和宮に届けられた。これは長州再征に出かける際、家茂に欲しい土産を聞かれ、和宮が希望した西陣織でだった。その時の気持ちを詠った詠が、
空蝉の唐織ごろも
なにかせむ綾も錦も君ありてこそ
その後剃髪し静寛院宮となり、明治10年箱根で療養中に死去。
和宮頭蓋和宮復元図/頭蓋横
四肢骨からの推算で身長143.4cm。当時の庶民よりもかなり低い女性だった。 有名なことだが、遺体の前腕の所に1枚のガラス板が発見されたが、重要視するものもいないまま 研究室で整理の為電光の光にすかした所、これが湿板写真で、それには長袴の直垂に立烏帽子を つけた若い男子の姿が見えたが、翌日再度見たところ、膜面が消えただのガラス板になってしまった。おそらく唯一の14代家茂の肖像写真だったのではと思われる。




●仙台藩主・伊達政宗 /1567-1636

四肢骨からの推算で身長159.4cm。四肢骨の筋附着部はよく発達し、よく鍛錬された体であったと推測される。天然痘により右目を失明し、独眼竜として有名だが、眼窩には異常はなかった。

伊達政宗頭蓋正宗復元像
伊達政宗復元像(仙台市端宝殿蔵/鈴木武義 作)


参考文献:骨は語る 徳川将軍・大名家の人びと / 鈴木 尚 /著 東京大学出版会 | 図説江戸の人物254 / 学習研究社


















Topへ
   
Topへ
  このサイト内の作品の無断使用、転載、改変等を禁じます。
Copyright (C) ELPH All rights reserved.